新築に最適な美観を意識した鳩対策がオススメ

鳩の被害からマイホームを守れ!新築に必要な鳩対策 鳩の被害からマイホームを守れ!新築に必要な鳩対策

新築の美観を損ねない鳩対策

鳩対策を新築の家に施工すると予防の効果があり、家を守る意味合いでも有効な方法と言えます。屋根に鳩が来れば、糞で汚されて見た目の美観も悪くなってしまいます。また、糞に含まれている酸が腐食を引き起こす場合もあります。

業者が語る!新築向けの鳩対策

電気ショックシステムなら目立つこともありません。

鳩対策に電気ショックがあります。鳥が止まると微弱電流が流れて驚いた鳥が逃げる、というものです。鳥には高度な学習能力があるためそれを利用した方法です。この方法では、見た目も損なわず、新築時の外観と変わりない状態で設置できます。しかし、この場合定期的なメンテナンスが必要で、費用はやや高額になります。

パフォーマンス性の高さなら「鷹」を使った鳩対策がおすすめです。

鳩対策でパフォーマンスを利用した方法が、鷹などの猛禽類を定期的に飛ばすことで、住み着いてしまった有害鳥獣がそのエリアに寄り付かないようにするというものです。新築の住宅に施工などで手を加えることはありませんが、この場合は住み慣れた鳩であれば戻ってくることもあり、忌避剤と併用した対策にして効果を上げる必要があります。

防鳥ワイヤーを使った鳩対策は建物の美観を損ねません。

防鳥ワイヤーを利用した鳩対策の方法があります。この場合は新築の家の美観を損ねずに施工できるため鳥が休憩に利用することは防げます。しかし小さな鳥では防げないことと、鳥が場所に執着する本能へのはたらきかけではないため、ねぐらにされたり巣を作られたりすることがあります。ワイヤーの張り具合やサビにも注意が欠かせません。

業者に依頼して確実に鳩対策をしてもらおう

男性

鳩対策には新築の家でも外観を損なわずに施工しやすいものもあり、さまざまな方法があります。しかし、環境や状況に応じて適切な対策を施工するためにも専門業者への相談をおすすめします。鳩の被害を受けているからと言って鳩を傷つけるような対策をしてしまうと、場合によっては動物愛護の概念から罪に問われる場合もあるためです。

TOPボタン