鳩の行動パターンを見れば分かる!新築に有効な鳩対策

鳩の被害からマイホームを守れ!新築に必要な鳩対策 鳩の被害からマイホームを守れ!新築に必要な鳩対策

新築の鳩対策についてのQ&A

新築の家に鳩が来たらすぐ鳩対策をしましょう。なぜなら、鳩は一度来た場所に繰り返し訪れるという行動パターンを持っているからです。そのため、鳩が来たら早急に対策を講じる必要があるのです。

鳩の行動について気になること

家の周りで鳩が飛んでいる姿をよく見かけるようになりました。
鳩は縄張り意識も強いため、行動範囲で安全な場所を探しています。もし家の敷地内やベランダなどに飛来したら要注意です。昼間の明るいうちに休憩場所として飛来し、追い払われなければいずれ巣を作る可能性があります。
鳩の集団が新築の屋根にとまるようになりました。
鳩は決まったパターンで行動するため、鳩の集団が屋根に来ているのは、新築のご自宅の屋根を安全な場所、最終的には巣作りの場所とするために利用しているということです。すぐに鳩が来ないようにする必要があります。
せっかくの新築が鳩の糞まみれで鳴き声もうるさいです。
鳩がベランダに来た時点で追い払いましょう。今後は根気強く追い払い鳩がいられないようにしましょう。このままでは巣を作られてより大きな被害になります。糞を取り除き、鳩が嫌がる忌避剤(安全なもの)などもおすすめします。
気付いたら鳩が巣を作っていました。
鳩の巣は衛生上の観点からも駆除が必要でしょう。ただし鳥獣保護法などの関連法があり、専門の業者による対応となります。巣だけの除去ではなく卵やヒナの駆除には有害鳥獣の駆除として都道府県などに許可申請しなければならないからです。鳥獣保護法に違反して個人が許可なく鳩を駆除すれば処罰の対象になってしまいます。

家の周りの環境が原因かも・・・

屋根の上の鳩

鳩対策が必要なその理由は、鳩の行動パターンにあります。身を隠せる場所を選んだらその場所に執着し、繰り返し訪れます。一度気に入った場所をなかなか離れてはくれないのです。もともと崖や岩場を好んでいた鳩本来の習性もあり、エサも豊富な人家の屋根や雨どい、現代ではベランダや屋上に巣を作るようになりました。

TOPボタン