鳩がもたらす被害が多い理由と鳩対策が必要となる根拠

鳩の被害からマイホームを守れ!新築に必要な鳩対策 鳩の被害からマイホームを守れ!新築に必要な鳩対策

鳩が新築にもたらす被害とは

鳩の被害がある場合は、早急な鳩対策が必要です。なぜなら、糞による被害で見た目も汚れるのはいうまでもなく、その糞からウィルスを媒介し、アレルギーや感染症への感染リスクも高めてしまうことに繋がります。さらに鳴き声は騒音と化してしまいます。

鳩の被害は深刻

糞害
鳩はその体重の10分の1が食事量であると言われており、そのため糞の量も非常に多いのです。その鳩が集団になるとまさに糞害となり、汚れの付着によって金属を腐食させるほどです。少しくらいなら雨で流れてしまうので問題ないと考えていると、流れることなく残ってしまった糞が鉄骨さえ腐食させ破損させることもあります。
騒音被害
騒音被害としては小さな鳩もその鳴き声は時に耳障りになるほど。ベランダに巣を作ってしまったりすれば四六時中鳴き声がして、夜間もその声に悩まされます。もちろん近隣からの苦情になることは避けられません。そのため、屋根に集まった鳩の集団ではさらに大きな被害が容易に想像できます。羽の音なども合わさって十分騒音レベルになります。
健康被害
鳩が媒介して起こる健康被害の中には、感染症やダニ、シラミなどの害虫を通して起こる病気もあります。糞を除去せずに放置していることは、健康上の理由からも問題があります。大量の糞が乾いてまきあがるとベランダから入ったり、洗濯物に付着したりして人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。小さなお子さんや妊娠中の方には特に注意が必要です。

被害に遭う前に鳩対策をしておこう!

鳩対策は、予防の形で行なうことも効果的です。早めの対策を行ない、鳩の飛来しにくい環境条件にしておくことで被害を避けることができます。新築の家に鳩が来れば新しい資材も糞で傷みやすくなり、通常より経年劣化も早くなります。被害が起きる前に予防して屋根や壁などの傷みを小さくし、よい状態を長く保つことにも繋がります。

TOPボタン